立ち仕事 腰痛

尾てい骨のあたりが痛むのは、骨盤の歪みから生じた腰痛の可能性あり

一口に腰痛と言っても、背中あたりから、ウエストの左右のくびれのあたり、腰全体、お尻から脚の付け根にかけてなど、範囲は多岐にわたっています。その中でもお尻の先、尾てい骨のあたりが痛むという場合、体質的に痩せているなどして、尾てい骨が突き出ており、座ったり、横たわったり、という動作のたびに、突き出た尾てい骨が刺激されて痛んでしまう、転倒して尻餅をついた拍子に尾てい骨を傷つけてしまった等の外的要因がひとつ考えられますが、そういった種類の痛みではない場合、骨盤の歪みから痛みが生じているのではないか、ということも考えられます。骨盤の歪みがあることから、本来なめらかに動くはずの、骨盤付近の関節の動きがギクシャクしてしまい、それに伴い、筋肉や靱帯の動きもまた、スムーズでなくなってしまう。そうしたことから、尾てい骨付近の痛みが生じてしまうというわけなのです。

骨盤が歪んでいる人のすべてが尾てい骨付近に痛みを生じるというわけではなく、生まれつき備わっている骨の形や、靱帯、筋肉のはたらきの加減などで、個人差はありますが、デスクワークで長時間座ったままであるとか、長時間立ったままの仕事であるとか、小まめに体勢を変えられない職業の人に多く発症がみられるようです。

骨盤の歪みによる、尾てい骨付近の痛みを解消するために、骨盤の歪みを矯正するマッサージに効果があるとされています。正しいマッサージであれば、数日間で痛みがひいていくこともあるようです。

骨盤の歪みではなく、外的要因で尾てい骨を傷つけてしまった可能性のある場合は、骨折がないかどうか、病院で見て貰うことが肝要でしょう。

長引く腰の痛みを改善する手術、どんなことをするの?本当に治るの?

湿布を貼ったり、痛み止めを飲んだり、漢方薬も試してみたり。整体やカイロプラクティックでマッサージ施術してもらったり、遠赤外線や、電気治療をしてもらったり、レントゲンやMRIで腰痛の原因を調べてもらったり……。八方手を尽くしてみて、それでも満足のいく結果を得られない、というとき。思いつくのが、手術を受けるという選択ではないでしょうか。

腰部分にある神経は、ほかの神経に比べて、太くて長いという特徴があることもあり、腰痛の手術は、大がかりなものになることが多いようです。さまざまな事情で、衰えてしまった部分を補い、健康な状態を作り出すために、背骨の結合部分にボルトを入れたり、腰部分をシャンと支えるために、両脇にプレートを入れ、それをビスで留めるというようなことが行われています。それらの大がかりな手術を行ったことで、腰の痛みは解消し、手術の目的はちゃんと果たし得たとしても、身体の中に金属が埋め込まれているということに違和感を覚える人も少なくありません。また、そこまでしても、腰の痛みが軽減せず、再手術を希望するような患者さんも中にはいるようです。とくに高齢の女性の場合、骨や筋肉が老化してくることによって、治った、と思っても腰痛がぶり返してしまうことが多々あるのですが、体力の衰えでハードな手術に持ちこたえられるかどうかという心配や、先に施した手術がすでに大がかりな手術のため、次に施す手立てがない、といったケースもあるようです。

ところが、そのように八方手を尽くして、腰痛が少しも改善しなかった場合でも、たとえば、長年しつづけてきた生活習慣を見直すことや、姿勢に少し気をつけてみる、などという簡単なアイデアでいとも簡単に腰痛が解消してしまうということもあるようです。

手術という選択は、あくまで最終手段に止めて、別のアプローチから腰痛対策について考えてみることも必要かも知れません。

腰の不調、病院の整形外科?整体マッサージ?どっちに行けばいい?

慢性的な腰の痛み、ぎっくり腰などの急性の腰の異変、腰痛の症状はさまざまですが、自宅で安静にしても、市販の湿布薬でも一向に改善の兆しが見られないとき、しかるべき専門機関で腰痛の診察をして貰おうと思い立つ。しかし、一体どこを受診したらよいのでしょう?

あらゆる科を備える大学病院、整形外科医院、整骨院、接骨院、カイロプラクティック、鍼灸院、整体、マッサージなどがありますが、それぞれに得意分野があるはずです。ではひとつずつ、詳しく見ていきましょう。

1. 大学病院などの大病院
レントゲン設備の他、MRIなども取りそろえているので詳しい検査が必要なときには心強いでしょう。また、腰痛に複合的な要素があった場合、院内の移動で複数の科が受診できるのも魅力ですね。ただ、慢性的に混雑は避けられません。時間の余裕を持って診察に臨む姿勢が必要です。

2. 整形外科医院
大病院同様、検査施設が充実しています。ただ、原因が分かっても治療は、痛みに対する注射、投薬など対処療法が中心になり、痛みの根本の解決までは至らず、その場しのぎとなることが多いようです。仕事や旅行など、急場の目的があって、すばやく痛みを取り除きたい、というときは、頼りになります。

3. 整骨院・接骨院
骨折、脱臼、打撲、捻挫の治療に関しては、保険適応となります。ただし、病院ではないので、治療にあたってくれる人も医師ではありません。レントゲン設備もないので、診察も外的要因から判断せざるを得ません。症状に不安があるときは、大学病院、外科医院などでレントゲン検査を受け、その上で、治療を受けることが望ましいでしょう。マッサージなどの施術も受けられますが、基本は、痛みによる対処療法中心で、骨や筋肉が原因となる場合の腰痛の根本的改善には繋がりません。

4. カイロプラクティック、整体
マッサージによって筋肉の緊張をほぐしたり、はたらきを活発化したり、また、歪んだ骨盤を矯正することにより、本来あるべき、身体の形に近づけ、腰痛の症状を改善します。医療行為ではないので、レントゲン設備などはありません。

5. 鍼灸院
針治療、お灸、マッサージによって身体の不調を改善する。針治療は、針を打った瞬間から、血流の流れをスムーズにするため、腰の痛みの改善には即効性があると言われています。医療施設ではないので、当然、レントゲンなどは設置していません。

いかがでしたか。それぞれの特性がおわかりいただけたでしょうか。症状にあったところを見つけて、受診してみてくださいね。

我慢できない腰の痛み・激痛には、湿布、錠剤、漢方等痛み止めで対処

ぎっくり腰などの急性の痛みでも、いつまでも改善しない慢性的な痛みでも、とりあえず痛みをなくさないことには、何もはじまらないというのが腰痛ではないでしょうか。

腰痛は、同じ姿勢をとり続けたことや、無理な姿勢によって、腰のある部分の骨や、骨の周囲、筋肉を痛めてしまうことによって起こります。痛いときは座っても痛い、立っても痛い、何をしても痛い、……で、仕事も家事も手につかないこともしばしば。痛みが強いときは、ひとりで病院や整体に出掛けていくこともままなりません。自宅で手軽に腰痛を解消できるアイテムをいくつか用意しておくと、安心かもしれません。
たとえば……。

1. 湿布
温湿布と冷湿布とがある。急性の痛みには冷湿布、慢性的な痛みには温湿布を使うことが多いが、患部に貼ってみて、気持ちいい!と思うものを選んで貼るのがベスト。救急箱には、温湿布、冷湿布、どちらも用意しておくのがよい。

2. 錠剤・漢方薬
腰の痛みに効果のある錠剤や漢方薬を自宅の救急箱に備えておけば、もしものときに役に立つ。入れっぱなしにしないで、一年のうち、いつ頃、と季節を決めて、救急箱を点検、期限の切れた薬品は処分し、新しいものと入れ替えることが大切。せっかくの薬も期限切れで、万が一副作用などが生じたら、元も子もない。

腰痛は一度患ってしまうと、治った!と思っても何度も再発してしまうことがあります。日頃から、自宅で手軽にできる腰痛改善対策方法をいくつか備えておきたいものですね。

腰の痛みを和らげる手足のツボ、気軽に刺激してリフレッシュしよう!

カイロプラクティックや整体でマッサージ施術を受けることで、腰の痛みが軽減する、という人は多いようです。しかし、仕事が立て込んでいればそうそう頻繁に通うわけには行かなくなりますし、保険の適応外ともなれば、お金の方も心配です。もっと手軽にリフレッシュできる方法はないものでしょうか。

腰痛を解消するために、家庭で気軽にできることには、何があるでしょうか。自宅にマッサージ器があるというような恵まれた環境なら、それに頼るのもいいでしょう。腰痛を治すために、病院や薬局などで勧められコルセットを購入したことがあるという人は、それを身につけることで、痛みから解放され、動いたり、歩いたりすることができるようになるかもしれません。ほかにも、湯船に浸かって体を温めたり、湿布を貼ってみたり、痛み止めを飲んだり……。

しかし、マッサージ器に身体を預け、つかの間、心地よさに浸ったあと、すぐにまた痛みはぶり返してきたのではないでしょうか。コルセットも巻いているときはいいのですが、いざ外してみると元のもく編み。コルセットががさばって、流行のオシャレが楽しめないのも難点です。入浴も、湿布も、効果の面は似たり寄ったり、その場しのぎに過ぎなかったのではないでしょうか。

そこであらたにお勧めしたいのが、ツボ押しマッサージ。本当に腰の痛みから解放されるのか、専門家にやってもらうならともかく、自分でやっても効果はあるのか……。半信半疑ですよね。

腰痛改善のツボは、背中部分に集中しているため、自分で押すことは難しいのですが、手と足にも腰痛に効果の高いツボはいくつも存在しています。ほんのわずかな時間で刺激して、効果を実感することができますから、いろいろ試してみたけどどれもイマイチだった、という人にも是非一度、試して欲しいと思います。

夏場でも冷えが大敵!若い女性に増えてきた腰の不調・座骨神経痛

神経痛などという名前を聞くと、高齢者特有の病気、などと決めつけてしまう人もいるようですが、実は、座骨神経痛は、若い女性にたいへん多くみられる症状なのです。

まず、座骨神経についてご説明しましょう。

座骨神経とは、身体の中に多数存在する末梢神経(脳や脊髄をつくる中枢神経以外の細い神経)の中で、いちばん太くて、長さも1メートル以上と、たいへん長い神経です。この長い神経の先の部分(神経根部)は腰を支える骨の集合体である腰椎を出たところからはじまり、臀部を通って下方に進み、太股のあたりでふたつのルートに分かれ、ひとつは足の甲の部分、もうひとつは、足の裏に到達します。座骨神経痛とは、この神経の通っている部分に痛みが走る症状です。この神経ルートに沿った部分すべてに痛みを感じる人もいますし、突出した部分のみ、強く痛みを感じるという人もいるようです。

座骨神経痛のいちばんの原因は、身体の冷えにあるようです。キッチン、冷凍倉庫、屋外作業での立ち仕事に従事している人がなりやすいと言われています。湿気がつよく寒冷な場所に長時間いることで神経痛は悪化します。どうしてもそうした場所にいつづけなければならないときは、使い捨てカイロなどを身につける、厚着をする、ときどき暖を取るなどして、身体を冷やさない工夫をしましょう。

夏場でも冷房が効きすぎた部屋などで長時間過ごすことは禁物。しかし、だからと言って、夏場でもデニール数の高いタイツを穿いたり、保温効果のある肌着を着込んだりというようなことは逆にお勧めできません。汗をかいたあと、汗の熱がひくことによって、冷えを生じることもあるからです。気温にあった服装をした上で、折りたたんでバッグにしまえるような薄手のはおりものを携帯しておくとよいかもしれませんね。

原因不明の血尿、立っていられない腰の痛みに重大な病気が潜むことも

腰痛というと、腰に近い位置の筋肉全体の痛み、ふだん運動不足気味で筋力の低下してしまった人が、ふいに重いものを持ち上げたり、突然無理な運動をしたり、腰に負荷のかかるような無理な体勢を取ったり、あるいはくしゃみなどにより、引き起こされるものと想像してしまいがちですが、内臓機能の低下によって引き起こされる腰痛も多いということを知っておきましょう。そうした場合は、整体などで何度マッサージを受けても腰の痛みは改善しないどころか、本来生じている内臓器官の病気を放置してしまうことで、さらなる症状の悪化を引き起こしかねません。立っていられないほどの腰の痛みがあり、その症状が長引いた上、血尿が生じたというような場合には、以下のような病気の可能性も疑われます。

1. 急性腎盂腎炎
腰の痛み、血尿に加え、発熱および吐き気の症状を伴うこともあり。

2. 尿管結石
尿の濃度が高くなることにより、尿に含まれるカルシウム、シュウ酸によって生じた結石が、尿管を通るたび、ナイフを突き刺すかのような激烈な痛みが生じる。ぎっくり腰の症状に似ているとも言われる。

3. 水尿管症
膀胱付近が痛むと同時に腰の痛みがある。

4. 子宮頸がん
子宮のあるあたり、下腹部が痛むと同時に、腰の痛みがある。

腰の痛みに加え、血尿があるというときは迷わず、病院で診察を受けることをお勧めします。血尿がないという場合でも、糖尿病や腫瘍などの疑いが潜んでいる可能性もあります。気になる場合は、躊躇わず病院で診察を受けましょう。

腰の不調・異常……、整形外科では何を調べるの?治療法を知りたい

ぎっくり腰など、突発性の腰痛のときに、整骨院でお世話になった、という人が多いかもしれません。整骨院で治療にあたってくれるのは、柔道整復師という国家資格を持った施術者です。しかし、医師ではないので、手術やレントゲンを撮るなどの医療行為はできません。慢性の腰痛の場合、その痛みや不調の要因を探りたいなら、整骨院ではなく、整形外科を受診するのがよいでしょう。

では、整形外科ではどのような検査・治療法が行われるのでしょうか。

1. 問診を受ける
最初に腰痛を感じたのはいつ頃で、何をしているときだったか。どのような体勢でいるとき、痛みを強く感じるか。今、いちばん痛みを感じる箇所はどこか。だいたいこのようなことを聞かれます。スムーズに答えらえるよう、あらかじめ、メモ書きでまとめておくとよいでしょう。

2. 直診を受ける
寝台に横たわり、体勢をいろいろ変えてみて、どこが痛むかなどを聞かれます。

3. 検査
骨粗鬆症、関節リウマチ、腰椎の神経の様子などを、レントゲン、必要に応じてMRIを使って調べる。

4. 治療方法
遠赤外線の放射により身体を温める。低周波をあてる。脇と骨盤部を固定し、重しや電力などで足方向に引っ張る治療(牽引)。マッサージ機能のあるベッドに横たわる、等。

5. 投薬
必要に応じて、湿布薬や痛み止めなどが処方されることも。

整形外科にかかることで、腰痛の原因がわかり、それに沿った治療法をすすめていくことが可能になります。また、腰痛の原因が、内臓器官にあった場合、適切な処置ができるでしょう。遠赤外線、低周波をあてたりすることによって、痛みは確かに和らぎますし、腰痛によって、休まざるを得なかった仕事や家事をこなすことも可能になると思います。慢性的な腰痛でお悩みの方、ぜひ一度整形外科で受診をしてみてください。

腎臓系の病気は腰に痛みがくることも……、長引く腰痛には要注意!

整体で定期的にマッサージを受けても、改善の兆しが少しも見えない、頑固な腰の痛み。急性の腰痛は、重いものを持ち上げたとき、うっかり捻ってしまったとか、普段やり慣れない激しい運動をしたなどのときに起こりがちです。あるいは、筋肉の衰えによるもの、骨粗鬆用などによる骨の異常、老化に伴い、身体の水分が失われ、骨の可動がスムーズにいかなくなる、心因性によるものなど、腰痛の種類にはさまざまなものがありますが、それらにまったく思い当たる節がない場合は、内臓疾患による腰の痛みを疑ってみることも必要かも知れません。

腎臓、膀胱などの泌尿器系、精巣、卵巣、子宮など生殖器系のトラブルがあるときに腰の痛みを感じる人が多いようです。中でも、日本人の多くが発症すると言われているのが、腎臓系の病気です。腎臓の位置は、大腰筋という腰部分の大きな筋肉と繋がっています。腎臓に痛みが生じるとき、以前、腎臓に不調を感じたことのない人が、すぐさま、腎臓の疾患だな、と気づくことはまずあり得ないでしょう。腰の痛み、として認識することの方が自然なのです。個人差はありますが、痛む箇所、症状によって、以下のような病気が疑われます。

1.尿路結石、腎盂腎炎
背中から腰にかけての痛みがあり、左か右、どちらかに痛みが偏っている場合。尿路結石は血尿を伴うことも多い。腎盂腎炎は比較的若い女性の発症が多く、高熱を伴う。

2.尿管結石
ぎっくり腰の症状に酷似しており、間違えられることも多い。

3.腎臓結石
急激に激しい腰の痛みが生じる。

これらの症状の疑いがある場合、泌尿器科で診察してもらうことが望ましいのですが、自宅でできる簡易尿検査キットも売られているようですので、気になるようなら、まずはそこから調べてみてもよいかもしれません。

腰の痛みが悪化する!腰痛持ちの人は長引く風邪にも油断ができない

スポーツは、まったくしないというわけでもないけれど、柔軟運動だけは大の苦手、ふだんから身体が硬い、という人。けっこう多いですよね。学生時代はともかく、社会人になったら、スポーツ選手など、職業柄、どうしても必要であるとか、趣味でダンスを習っている、などという場合を除いて、柔軟運動をする機会など、皆無と言って差し支えないでしょう。もちろん、サラリーマンやOLとして普通に働く際に、身体が硬いから、と言って、給与に差が出るわけでもありません。ただ、この身体の硬さが、残念な結果を生んでしまうのが、風邪などで数日寝込んでしまうようなとき。

ただでさえ、同じ姿勢でずっと寝たきり、寒さを防ぐための厚めの布団はずっしり重く、腰にぐぐぐっと負担をかけてきます。数日間、身体を充分に動かせないものですから、筋力は衰え、高熱のための関節痛も避けられません。もともと腰痛持ちであった人など、長引く風邪による、寝たきり生活が、腰痛を悪化させてしまうであろうことは想像に難くありません。かつて腰痛と無縁であった人でも、「もしかしてこれって腰痛!?」と感じるくらいのある意味新鮮な腰の痛みを覚えてしまうことは必須でしょう。身体の硬い人なら、なおさら、もともと柔軟性に欠けた身体の節々、とくに腰がこわばって、風邪が治ってもしばらくの間は、腰の不調とつきあうことになってしまうのです。

柔軟運動はやはり大切。身体が温まって柔らかくなったお風呂上がりなど、無理のない範囲でのストレッチ運動などを習慣づければ、風邪をひいたときの腰痛の予防になること、請け合いです。